ジアコ(ZiACO)の価格は?値段・料金のコスパと在庫なしの場合の代わりの製品も確認

ジアコ(ZiACO)は次亜塩素酸を成分とする除菌水であり、除菌やウイルス対策として非常に有用です。

このページではジアコの価格・値段・料金とコスパ、在庫が無い場合の代替品なども確認していきます。

ジアコ(ZiACO)の価格・値段

ジアコ(ZiACO)の価格は以下の通りとなっています。

項目 費用(税抜)
ジアコ除菌水(3L×3)
月額(28日毎)
4,000円
ジアコミスト(噴霧器) 0円
(レンタル)
初回金(最初のみ) 5,000円
ジアコ専用スプレーボトル(任意) 800円

上記の通り、基本の価格は月額の4,000円(税抜)となりますが、初回の価格としては別途5,000円が発生します。

高性能の噴霧器はレンタルという扱いです。ジアコの除菌水を定期コースで購入している限りは価格は0円です。

ジアコ(ZiACO)の料金のコスパはどう?

続いてジアコのコスパについて確認していきましょう。

ジアコの場合、噴霧器がレンタル扱いになるのが非常に大きいです。

高性能噴霧器を使用する次亜塩素酸除菌水の製品は何社かありますが、基本は買取となるため、噴霧器代の価格46,000円+定期の除菌水の費用がかかります。

また、P社の次亜塩素酸 空間除菌脱臭機なども同様の効果が期待できますが、こちらは安くても価格が80,000円代であるため、やや高額です。

ジアコは基本が初回料金の価格5,000円(税抜)と、月額の価格4,000円となるためコスパの面からも非常に良い製品と言えるでしょう。

ジアコ(ZiACO)は在庫あり?代わりの製品の選び方は

2020年4月現在、ジアコは在庫がなく、新規の申し込みが停止となっています。ジアコ 価格

同系統の噴霧器を使用するキエルキンやジアリフレなども現在入荷待ちの状態のようなので、代わりの製品として、加湿器で使用できる次亜塩素酸水が選択肢となります。

ジアコの代わりとなる製品の選び方のポイントとして以下の点が挙げられます。

①次亜塩素酸の効果や安全性が確認されているか
②希釈せずに使えるか
③価格やコスパは適正か
④在庫があるか、定期購入できるか

①次亜塩素酸は濃度やpHによって大きく安全性や効果が変わる性質があります。成分についてはできれば、ジアコと同様に第三者機関で検査されている製品を選ぶのが安全です。

②次亜塩素酸の製品は、希釈する製品が一般的です。しかし、水道水の少量の雑菌で効果がおちたり、希釈によるpHの変化によって性質が変わったりする可能性があるため、ジアコのように希釈せずに使える製品が安全といえます。

ジアコの価格である月額4,000円程度のコスパと同程度の価格のものを選ぶのが良いでしょう。

④現時点での在庫、そしてウイルス対策としては当面の在庫も必要です。次亜塩素酸は劣化しやすいため、ジアコのように常に最新の製品を受け取れる定期購入が理想的です。

ジアコの代わりとなり得る製品は

前述のような条件を満たす製品では、例として除菌水ジーアがあげられます。

ジアコと除菌水ジーアのポイントを比較していきましょう。

ジアコ 除菌水ジーア
月度の価格
(28日毎)
4,000円(税抜) 3,900円(税抜)
初回費用 5,000円(税抜) 4,000円(税抜)
成分の確認 第三者機関にて確認 第三者機関にて確認
希釈の要否 不要 不要
在庫の有無 新規申し込み停止中 申し込み可能
定期購入
空間除菌 高性能噴霧器がレンタル 専用加湿器が無料
(キャンペーン中のみ)

上記の通り、除菌水ジーアはジアコと比較しても見劣りしない製品です。

空間除菌には高性能の噴霧器はありませんが、キャンペーン期間中に申し込むと専用の加湿器が無料でもらえ、十分代用できます。

価格やコスパについても、ジアコより少し安い月額3,900円(税抜)であり、1日あたり140円程度です。

成分の確認も第三者機関で実証されており信頼性も高く、除菌水は希釈が必要無い濃度となっています。

注意点として、除菌水ジーアは定期契約期間内に解約すると解約違約金が発生します。(契約期間が2年、違約金の価格が10,000円です。最新の情報は公式サイトも確認してください。)

しかし、現時点ではウイルスの収束までに年単位の期間がかかるという予測もあり、当面の除菌水の在庫を確保できるという意味では定期契約は逆にメリットとも言える状況です。

このような点からジアコの代わりの製品として、除菌水ジーアは選択肢の一つと言えます。

除菌水ジーアの口コミや評判は以下のページを参照してください。

除菌水ジーアの口コミや評判

コメント

タイトルとURLをコピーしました