次亜塩素酸水の定期購入でおすすめ製品TOP3|選び方のポイントは4点

※(重要)2020年6月26日 経済産業省の次亜塩素酸水に関する公表

経済産業省から、「次亜塩素酸水(有効塩素濃度35ppm以上)」が新型コロナウイルスに有効である旨が公表されました。(経済産業省サイト)。

また、加湿器などによる空間噴霧は評価対象でないため、評価結果はありません。メーカーが提供する情報などを参考にしましょう。

このページでは次亜塩素酸水の製品で定期購入できるものを特集します。

次亜塩素酸水の製品は、現在は品薄・欠品のものが多く、定期契約することで当面の在庫を確保できるため、定期購入がおすすめとなります。

定期購入の製品を選ぶポイントとそれに基づいたおすすめの製品をランキング形式で確認していきます。

次亜塩素酸水の定期購入|選び方のポイントは4点

次亜塩素酸水を定期購入する際の製品選びのポイントは、以下の点に着目する必要があります。

①成分の検査が第三者機関で行われている
②希釈せずに使用できる
③コスパが適正である
④当面の在庫が確保できる

①成分の検査が第三者機関で行われている

ウイルスの流行もあり、次亜塩素酸の製品は数多く登場していますが、中には本当に次亜塩素酸の製品なのかこちらが確信が持てない製品もあります。

次亜塩素酸水はpHやppmなどでも細分化され、また、漂白剤の次亜塩素酸ナトリウムとも異なるものです(厚生労働省 次亜塩素酸水 参考4)。

正しい規格の製品でなければ効果がないばかりか、安全性にも影響が出てくるため、第三者機関で確認がされている製品を選ぶのが安全です。

②希釈せずに使用できる

この点はやや見落としがちですが、次亜塩素酸水はなるべくなら希釈せず、工場から出荷されたそのままの濃度で使える製品がおすすめです。

その理由として、希釈することによる次亜塩素酸水の劣化があげられます。

次亜塩素酸水は希釈するごとに空気と反応し、有効塩素濃度が下がってしまいます。また、希釈による少量の雑菌にも反応して効果が低下し、水道水のpHにも影響を受ける可能性があります。

この点から、次亜塩素酸水は希釈せずそのまま使える製品がおすすめされます。

③コスパが適正である

価格のコスパも当然重要です。

他の製品と比べて著しく高い場合はもちろん、逆になぜこんなに安いの?と言える製品も注意が必要です。

個人的には、1ヶ月分の計算で5,000円以上かかるものは少し高いという印象です。

④当面の在庫が確保できる

在庫の確保も当然重要です。

ウイルス対策はできるだけ早く始めたいと思っている人も多いはずです。

そのような状況で、発送まで数週間、数ヶ月かかる製品は避けるのが賢明です。

次亜塩素酸水の定期購入おすすめランキングTOP3

それでは、次亜塩素酸水の定期購入おすすめランキングです。

前述の選び方のポイントをもとにTOP3を挙げています。

1位:除菌水ジーア4.5

第1位は株式会社オーケンウォーターの除菌水ジーアです。

ポイント 除菌水ジーア
成分の検査 第三者機関にて実施
希釈の要否 なし(60ppm)
コスパ 3,900円(税抜)/28日
在庫 有。新規の契約が可能

初回金4,000円、2年契約で途中解約は違約金(10,000円)がかかるのが減点ポイントですが、それを考慮しても除菌水が品薄の現状では性能・コスパ・在庫の面からベストな選択肢の一つです。

希釈せずに個別スプレー、空間除菌ができるのがポイントです。月額も比較的良心的であり、1日あたりにすると140円程度になります。

現在キャンペーン期間中で専用の加湿器が無料でプレゼントされるのもメリットです(キャンペーンコードの入力欄は空欄のままでももらえます)。

除菌水ジーアの口コミや評判を確認する場合は以下の記事も参考にしてください。

除菌水ジーアの口コミや評判|悪い口コミや違約金、効果や使い方なども

<在庫がなくなる前にウイルス対策を>
除菌水ジーアの公式サイトへ
2位:ジアコ(ZiACO)4.0

第2位は株式会社ナックのジアコ(ZiACO)です。

ポイント ジアコ(ZiACO)
成分の検査 第三者機関にて実施
希釈の要否 なし(50〜70ppm)
コスパ 4,000円(税抜)/28日
在庫

初回金が5,000円かかりますが、コスパも悪くなく、何と言っても高性能の噴霧器が0円でレンタルできるのが大きなメリットです。

月額が少しだけ1位の除菌水ジーアより高くなります。

ジアコの口コミや評判を確認する場合は以下の記事も参考にしてください。

ジアコ(ZiACO)の口コミについて|悪い口コミもある?デメリットについても確認

3位:ジアクラスター3.5

第3位は株式会社giobaiのジアクラスターです。

ジアクラスター公式サイト

ポイント ジアクラスター
成分の検査 第三者機関にて実施
希釈の要否 目的別に希釈(200ppm)
コスパ 初回:1,980円(税抜)
2回目以降:6,400円(税抜)
在庫 有。新規の契約が可能

使用する目的によっては希釈する必要があるのが少し懸念点です。

コスパは初回が安い分、2回目以降で少し金額が上がりますが許容範囲でしょうか。

現在でも在庫があって定期購入が可能な製品の中では悪くない選択肢と言えるでしょう。

ジアクラスターの口コミや評判を確認する場合は以下の記事も参考にしてください。

ジアクラスターの口コミや評判|次亜塩素酸水の便利な除菌水について

次亜塩素酸水の定期購入|選び方のおさらい

次亜塩素酸は濃度やpHによって大きく効果が変わるため、第三者機関で効果や安全性を検査しているか、という点は比較的重要です。

また、間違えて希釈したために効果がなくなってしまった、危険な濃度のまま使ってしまったなども必ず避けたいため、できれば希釈せずに使えるものが望ましいです。

当然コスパ面についても法外に高い製品や、異常に安い製品も避けるようにしましょう。

ウイルス対策は今すぐに実施することが重要なため、今すぐに購入できるかという点も非常に重要です。

次亜塩素酸水は多くの製品がありますが、定期購入を検討している場合は、今回あげたポイントに気をつけて、ウイルス対策を進めるようにしましょう。

それでは最後にランキングのおさらいです。

第1位 除菌水ジーア

第三者機関効果が実証
個別スプレー空間除菌いずれも希釈不要(60ppm)
月額3,900円(税抜)の適正なコスパ
・現時点でまだ新規の申し込み可能

初回金が別途4,000円かかるのと、2年契約で途中解約は違約金がかかるのが減点ポイント。しかし、除菌水品薄の現状では性能・コスパ・在庫の面からベストな選択肢の一つ。

除菌水ジーアの口コミ・評判などの詳細はこちらのページ

第2位 ジアコ(ZiACO)

第三者機関効果が実証
個別スプレー空間除菌いずれも希釈不要(50〜70ppm)
月額4,000円(税抜)の適正なコスパ

こちらも初回金が5,000円かかりますが、性能・コスパ的には同率1位でも良い製品です。1位の除菌水ジーアより月額が少しだけ高くなります。

ジアコの口コミ・評判などの詳細はこちらのページ

第3位 ジアクラスター
ジアクラスター公式サイト

・動物安全性試験を第三者機関で実施
・目的によって希釈する必要があり(200ppm)
・空間ケアコースの定期購入で初回1,980円(税抜)、2回目以降が6,400円(税抜)
・現時点でまだ新規の申し込み可能

目的によって希釈する必要がある点が少し懸念点。コスパは初回が安い分、許容範囲かも。定期購入できる製品の中では悪くない選択肢。

コメント

タイトルとURLをコピーしました